メッキでお困りのことがありましたら

03-3799-0581

受付時間 8:30-16:00

〒143-0003

東京都大田区京浜島2-4-14

メッキの種類 主な説明
銅メッキ Cu シアン浴の銅メッキ槽。平滑性が良い。
バレルにてメッキ処理。 半光沢
めっき厚は通常時、4〜15μ。50±μの範囲で収める実績もある。
寸法が厳しい品物でも対応可能。鉄素材にメッキ可能。
硬質クロムメッキ HCr Icr 引っかけにてメッキ処理を行う。 半光沢
めっき厚は1〜5μから、ご都合により100μまで可能。要相談。
マスキング処理も行っているが形状にもよるので要相談。
膜厚はマクロメータにて計測する。
無電解ニッケルメッキ NiP KN 引っかけもしくはかごにてメッキ処理を行う。
日本カニゼン株式会社様と技術提携している。 半光沢
めっき厚は通常4〜6μであるが、30μほどの厚付けから1〜3μの薄付け対応も可能。
鉄、銅、銅合金、ステンレスにメッキ可能。アルミ素材に関しては要相談。
ご要望により、400℃ベーキングも行う。品物の大きさに制限あり。
光沢ニッケルメッキ Ni Nib 引っかけにてメッキ処理を行う。
手動でのメッキ処理なので、外観の傷、打痕に厳しい品物にも対応可能。
光沢
鉄、銅、銅合金、ステンレスにメッキ可能。
めっき厚は通常2〜8μ。ご要望により膜厚対応可能。
装飾クロムメッキ Cr-3 NiCr DCr 引っかけにてメッキ処理を行う。
膜厚は0.1〜0.8μ。下地に光沢ニッケルメッキをつけます。
下地にメッキなしのダイレクトクロムも行っております。
ひっかけでの処理なので、傷や打痕に厳しい品物にも対応可能。
黒ニッケルメッキ 引っかけにてメッキ処理を行う。膜厚は通常1μ以下。膜厚測定ができません。
黒ニッケルメッキではあるが色はメタル色に近い。
黒ニッケルメッキ単体では耐食性がないので下にニッケルメッキ、
無電解ニッケルメッキをします。ダイレクト黒ニッケルも可能。
光の反射を嫌う品物にメッキすることが多い。
電解研磨 引っかけにて研磨処理を行います。
SUS材が対象
塩化ニッケルメッキ ステンレス材、銅系統の金属にもメッキ処理を可能にする。膜厚はq1μ以下。
*その他、アルミ材などの特殊金属への処理にメッキ対しては、要相談。
膜厚 蛍光X線(セイコー社SFT200)で測定。
ご要望によりめっき厚データ提出可能。
<その他可能なメッキ>
黒色クロムメッキ(1〜4μ) 六価クロメート全般(10±4μ)三価クロメート(白、青、黒、黄色)(10±4μ)
 低温黒色クロム・黒塗装 錫メッキ(光沢、無光沢)銀メッキ
 化学研磨 金メッキ(金のみ0.1μ以下) カニフロン、カニボロン(納期相談)(5±3μ)
後処理 200℃、8時間のベーキング処理可能
ご要望により、400℃ベーキングも可能。(無電解ニッケルメッキのみ)
上記以外のメッキ処理、またはメッキに関するご相談、ご要望があれば、なんなりと連絡ください。 株式会社ヒロオ